テーマ:柔道

男子柔道全階級メダル獲得!称賛・賞賛!!

 リオデジャネイロ五輪、柔道の最終日柔道男子100キロ超級に原沢久喜が出場し、決勝で絶対王者テディ・リネールと堂々と戦うも惜しくも敗退した。  ディネールは原沢選手に組ませないような試合運びをし、TVで見ていても歯がゆい思いもしたが・・・指導2つを受けた。  個人的には勝つための汚い試合運びだと思うがこれが世界柔道なのだろうナァ・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内柴正人強姦被告人は人間失格だろう

 泥酔していた部員の少女(当時18歳)に乱暴したとして準強姦(ごうかん)罪に問われ、1審で懲役5年の実刑判決を受けた内柴正人被告。  アテネ、北京両五輪の柔道金メダリストなのだが、4日に控訴審初公判が開かれた。    東京高裁(金谷暁裁判長)公判では、弁護側は被害者の証言が虚偽であり、被告は無罪であることを改めて主張しているが、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上村会長殿!辞任しても組織は動きますヨ

 柔道連盟の上村会長が「・・・改革をするのが自分の役目だ。辞任するのは無責任だ・・・」と言ってあくまでも会長を続投するという。  一般社会でも不祥事が発生したら、トップは責任を感じて辞任していくのだが、柔道界は違うらしい。  不祥事の起った組織でトップが居残っても、どこかにしこりもあればシガラミもあるだろう、不祥事時の責任者とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全柔連の役員総退陣したら・・・マスコミが無責任と騒ぐ・・

全柔道連盟が揺れているのだが、先日も会見で役員が一同勢揃いし、記者からの質問を受けていた。  答えるのは、殆どが上村会長で「第三者委員会」の調査に委ねるとか、調査を待ってと・・・か、「調査委員会」の連発なのである。  自分達役員の対処(考え)を云わず調査を待つというのは、聞く方にとっては無責任に聞こえるのである。  中でも、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

内柴正人に判決、過去の記録を抹消すべし

 泥酔状態の柔道部員である女子教え子を、無理やり抑え込んで強姦ししたとして争われていた裁判(準強姦罪)の判決が下りた。  東京地裁での判決文には「輝かしい実績を持ちながら被害者の心を深く深く傷つけた責任は重い」と結論付け、求刑通り「懲役5年」を言い渡したのだ。  これに対し、内柴は裁判官の判決言い渡し中にも関わらず「控訴させても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柔道園田監督の辞任は賢明だろう

 柔道女子代表園田隆二監督が辞任したのだが、その判断は賢明であったと思う。  これだけ世間を騒がせからには、絶対に選手との溝は埋まらないからだ。  彼はインタビューの中で答えているが、金メダル至上主義で焦っていたことを吐露している。  つい、気合を入れるために頬を張ったり、尻を蹴ったりしたのであろう。  その行為を暴力と選手…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

柔道女子代表監督は辞めるべきであろう?

 今、TV・新聞をにぎわしている問題で、女子柔道代表監督園田隆二(32)がいる。  女子代表選手15人が、監督や男のコーチから暴力やパワーハラスメントを受けたと告発したのが賑やかなのである。  全柔連は2010年8月から昨年2月までの間暴力等が現存したと発表しているが、言っては何だがスポーツ界では日常茶飯事の出来事であろう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内柴正人は指導者としてより人間失格

 大学で女子柔道部員を指導していながら、合宿先のホテルで泥酔している19歳の女子部員を無理やり犯したとして、準強姦罪に問われ裁判が行われている内柴正人被告(34)。  昨日8回目の公判が東京地裁で行われた。  今まで、内柴被告は「合意」の上での性交だったと言い続けているのだが、昨日の最終弁論でも無罪を口にしている。  内柴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポイント稼ぎのスポーツ

 北京オリンビックの柔道を見ていたが、選手が相互に襟、袖を持たずただひたすらにポイントを稼ぐ試合に徹しているのである。  特に、外国の選手は、相手が日本の選手となると、徹底的に襟袖を取られるのを嫌って切りまくり、取ったと思うとすぐに、かかりもしない業(柔道で言う技にあらず)にいくのである。  見ていても柔道としての面白みは全く無いの…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more