韓国の漁業協定破棄に対抗せよ

 韓国のハンナラ党代表が竹島周辺での日韓双方での暫定水域の破棄を求めていると報じられた。
 これに対する我が国の政府は横を向いたままであろうことは予測できる。
 しかし、こと領土問題は横を向きぱなしでは解決できないのは当たり前であろう。良識ある我が国民は韓国が理不尽なことをやっていることに憤りを感じているのである。
 日本政府は韓国との国交断絶を覚悟で、竹島から警備員を撤退させるべく厳重な抗議を行うべきである。
 それをしない政府与党であれば、即刻政権を野党に譲るべきである。(野党もしないであろうが)
 政府・与野党・官僚ともども我が国の領土を奪われても一顧だにしないのは、どういう了見か弁明して貰いたいものだ。
 国(領土)を護るということは、国民を護るということではないのか。?
 北朝鮮の拉致問題では、我が国民が拉致されているのにもかかわらず、刺激を与えてはいけないと弱腰交渉をし、領土の問題も弱腰交渉である。
 領土も国民も護れない政府、与野党、官僚は全員中国、韓国、北朝鮮に移住して貰いたい。
 領土問題を話題にもしない国会議員は国には必要ないと思うし、即辞職して貰いたいものだ。
 国民、領土を護れない代議士が天下国家を論じても空虚にしか聞こえないのである。
 ここは、先程言ったように国交断絶覚悟で、腹をくくって竹島を日本国領土であることを明確にするよう国際社会に訴えて貰いたい。
 特に国際司法裁判所には、韓国が拒否していても申請手続きをするべきである。
 我々は、韓国と国交断絶しても一向に構わないのである。
 日本のマスコミも、自国に対する批判は反発する報道をして貰いたいのだ。
 綺麗ごとを言っていたら日本人は領土のない元日本人になるであろう。
 竹島周辺で、全自衛隊の護衛艦を集結させ、軍事訓練を実施するぐらいの覚悟で臨んでもらいたい。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック