国土を奪われても自分達に益があれば良いのか

 経団連の米倉弘昌会長が、中国人船長釈放について一定の評価をしたという。

 何を言ってる!!

 と言いたい。

 日本固有の領土である“尖閣諸島”が、今、現在、中国によって掠奪されようとしているのである。

 経団連は、自分達企業が潤えば、国の一部が奪われようと構わないという事なのであろう!

 中国と密接な関係があることは認めるが、領土を奪う目的で“難癖”をつけてくる中国の手法を容認するのか!と反論したい。

 自分達の企業に利があれば、国はどうなっても良いとの考えが根底にあるからこのような発言になるのである。

 経団連も“売国奴団体”と言っても言いすぎではない!!!

船長釈放に一定の評価 経団連会長
J-CASTニュース 09月28日14時04分

尖閣沖の中国漁船衝突事件で、日本経団連の米倉弘昌会長が、船長釈放について政府に一定の評価をしていることが、2010年9月28日分かった。

毎日放送が、「政府としての沈静化させようとする努力の結果」だとする米倉会長の言葉を伝えた。会長は、日中関係という国益優先が大事だとして、「政争の具に使わないでほしい」と注文した。ハイブリッド車に必要なレアアースの輸出停止への影響については、否定的な見方を示した。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック