日本陸連の無責任さ!福士は名古屋は止めたが良い

 1月の大阪国際マラソンで2時間22分20秒で優勝した福祉加代子が、3月13日に実施される「名古屋ウィメンズにも参加するという。
 理由は、陸連が定めたマラソン標準記録の2時間22分30秒以内で優勝したにも関わらず、陸連からの「確定」が出されなかったことで今一度走り、さらに記録更新を狙って五輪に出場するつもりだからというのだ。
 しかし、3月に走って選ばれたとしても、8月のリオ五輪に出場して好成績を出すとは到底思えない。
 それはそうだろう!1月・3月・8月と走って好成績が残されるとは思えないではないか!
 マラソンは過酷な競技だ。
 陸連はマラソンの過酷さを知っているのだろうかと…余計な心配をするのだ。
 一発勝負で決めるべきだと思うが陸連の役員は融通の利かない連中だとしか思えない。
 選手が可愛そうとは思わないのかネェ・・・・

 そいいった中、陸連の酒井勝充強化副委員長がとぼけた発言をしている。

福士の名古屋出場、陸連止めず「落選もありえる」
日刊スポーツ2月7日(日)6時21分
 日本陸連の酒井勝充強化副委員長(55)が、マラソン代表選考会の問題点に触れた。
 6日、丸亀市内でイベントに出席。1月の大阪国際女子優勝で五輪当確ながら最後の選考レース・名古屋ウィメンズ(3月13日)に出場を予定する福士加代子(33)について「出るなとは言えない。選考要項ではわずかに落選もありえる」と説明。
 一方で複数の選考会を行う現状について「そこは問題。日本陸連としては今後、いい方向にしないと。(20年)東京五輪ではその時の強化委員会が、どうするか決めればいい」と、選考会一本化も含めて今後の検討課題とした。

 なんと無責任ではないか!
 ただ選ぶだけのことを考え選手の健康面とか、五輪での成績のことなぞ眼中にないような発言ではないか!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック