男子柔道全階級メダル獲得!称賛・賞賛!!

 リオデジャネイロ五輪、柔道の最終日柔道男子100キロ超級に原沢久喜が出場し、決勝で絶対王者テディ・リネールと堂々と戦うも惜しくも敗退した。
 ディネールは原沢選手に組ませないような試合運びをし、TVで見ていても歯がゆい思いもしたが・・・指導2つを受けた。
 個人的には勝つための汚い試合運びだと思うがこれが世界柔道なのだろうナァ・・・

 これでリオ五輪の柔道はすべて終わったわけだが、男子7階級でメダルを獲得したことになり、これは史上初ではないのかナァ・・・そうであれば非常に喜ばしいことで、金メダル2個、銀メダル1個、銅メダル4個だ。
 日本柔道は「金」ではなければ納得しないという風潮もあるが、メダルを取れば立派なもので各選手に「良く頑張った!感動をありがとう!」と礼を言いたい。
 井上康生監督以下各コーチにも「ご苦労さん」と言いたいものだ。
 これで日本柔道復活の兆しが見えたことは間違いない、
 今後を期待したいものである。
 
 この日は女子78キロ超級の山部佳苗銅メダルを獲得し金メダル1個、銅メダル4個。柔道は全日程を終了して日本のメダルは計12個(金3銀1銅8)となり、1992年バルセロナ、2004年のアテネの10個を抜いて最多となった。
画像

               準決勝に勝利し決勝進出を決めた原沢久喜
画像

                リオ五輪のメダル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック