内田監督、井上コーチの「嘘」会見、選手の言を否定

 昨日の日大アメフトの「危険タックル」会見。
 会見場に現れたのは前監督の内田正人、井上奨コーチのふたりだ。
 しかし、聞いていて鳥肌が立つほど無性に腹が立ったナァ・・・
 肝心な部分は悉く「そんなことは言っていない」「そんなつもりでは無かった」と逃げ回っている。
 当該選手・宮川泰介クンの潔(いさぎよ)さとどうしても比較するのだが・・・・聞いていたファンの誰もが納得したとは思わず、かえって不振を募らせたと思うナァ・・・

というほど酷いものだったネェ。

 自分たちの良かれと思った強い激励の言葉をはき違えて、(宮川選手が)勝手に危険タックルをやったもので自分たちは関係ないと言っているのと一緒だものネェ・・・

 危険タックルなどで退場になった宮川選手を労うような(はっきり言えば『良くやった』と言わんばかりの情景が記録されているのはどう思っているのかナァ・・・

 そして、試合前に整列している宮川選手に近寄って耳打ちするような情景も写されている。
 何か言ったことは間違いないだろう・・・

 小生は宮川選手の言葉を信じる。

 関学との試合の3日前から様々な言葉をかけてプレッシャーをかけ続け、試合当日はメンバー表には宮川選手の名前は無かった。
 宮川選手が井上コーチに相談すると「関学のQBを潰すから出場させてほしいと監督に言え」と言われたという部分・・・
 内田前監督は「近寄ってきたことは知っているが何を言ったのか聞き取れなかった」というくだりでは疑問がある。

 じゃあ、メンバー表を変更して宮川選手を出場させたのはどういう理由なのだと・・・
 宮川選手の「QBを潰すから出してください」と言った意が通じたからではないの?

 完全に逃げ回っている。
 日大の現役選手が言っている「監督もコーチも嘘を言っている」・・・・と。

 関西院大学にも同じような釈明をするのだろうが、絶対に関学は納得しないだろうヨ
 騒ぎはさらに大きくなるだろうネェ(笑)

 日本代表に選ばれる位優秀な宮川泰介選手を潰しておいて良くも言うものだネ。
 完全に刑事事件対策の一つと見た。
 こんな連中教育者ではないでしょうが!!!

 
井上コーチ弁明にネット「意味不明」 日大会見で「QB潰せ、は色んな意味」

5月23日(水)21時20分 J-CASTニュース

 アメフトの「悪質タックル」問題で、日本大学アメフト部の内田正人前監督と井上奨コーチが2018年5月23日に開いた緊急会見は、反則を犯した当該選手の主張の多くを真っ向から否定する「反論の場」だった。

 井上コーチは、「QBを潰せ」と発言したことは事実だと認めたが、相手にけがをさせる意図の発言ではなかったと主張。会見の序盤では、当該選手との会話では「けが」という言葉をすら使っていなかった、などと言ったりしたが、後半では「正直、覚えていなかった」と言い直したりした。

 問題プレーは「想定していなかった」

 会見には、内田氏と井上奨ディフェンスライン(DL)コーチの2人が出席。弁護士も同席した。

内田氏と井上コーチは会見冒頭で、負傷した関西学院大学のQBやチーム関係者、反則を犯し会見を開いた日大選手に対して、「誠に申し訳ありませんでした」と順に謝罪の言葉を述べた。

 だが、その後の質疑応答で2人の口から飛び出したのは、反論や釈明の言葉ばかりだった。

 井上コーチは「(自身が)QBを潰してこい」と告げたのは事実だと認め、「けがをさせること目的とした指示はしておりません。思い切り、それくらいの気持ちで行ってこいと、そういう意味で言いました」と説明。その上で、発言の真意について次のように話した。

 「僕は『QBを潰しに行け』という言葉には、その中に色んな意味が込められていると思っています。潰しに行くようなタックルをするためには、思いっきりスタートすることとか、自分の闘志を出してやることとか...。それで、『潰しに行け』ということを言いました」

 また、井上コーチは、問題のプレーについては「見ていました」。続けて、

 「ああいう形ということは想定していなかったので、僕の思いとはちょっと違うなと感じました。そこで、彼を交代させるなり、ベンチに呼び戻すなりすればよかったと、(試合が)終わってから思いました」
とも訴えた。

 「闘争心とか中身の部分を変えたいと思っていた」

 また井上コーチは、当該選手を練習に参加させなかったり、厳しい言葉をかけたりした理由について、
 「彼はすごく優しい子で、もう1つ上のレベルというか、技術的にも成長が止まっているなと思っていました。闘争心とか中身の部分を変えたいと思っていました。そこを育てるために、そういう発言をしました」

 などと説明した。その上で、「過激な表現になって、彼を苦しめたというか、プレッシャーをかけたということは申し訳なく思っています」とした。

 また、当該選手が22日の会見で、井上コーチが「相手のQBが怪我をして秋の試合に出られなくなったらこっちの得だろう」などと発言したと説明したことについては、「(けがという言葉は)使っておりません」と否定し、次のように述べた。

 「相手のQBは友達か、という事は言いました。ただ、相手のQBが潰れて得か損かというそういう話はしておりません。また、『定期戦が無くなってもいいだろう』とも言っていません」

 当初はこう話していた井上コーチだが、会見の後半では、けがという言葉を使ったかどうかについて、「正直、覚えておりません」とも発言していた。

 こうした井上コーチの発言をめぐって、会見を見ていたネットユーザーからは、「あまりに意味不明」「何が言いたいのかわからない」といった感想もツイッターに出ていた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック