大和男子の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍総理がオバマ前米大統領の直球を交わした逸話

<<   作成日時 : 2018/10/11 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

 現在の米国大統領トランプ氏は、中国との貿易戦争で大忙しだ。
 両国とも輸入商品に関税を掛け捲って大騒ぎしているのだが、いづれ日本にも同様なことが起きるのだろう。

 特にトランプ大統領は日本製の自動車の輸入増加には非常に危機感を覚えているようだから、米国の自動車会社を守るためには、どのような手段を講じてくるのか・・・と思うだけで日本側の自動車会社は戦々恐々としているはずだ。

 今のところ安倍総理が必死に食い止めている格好だが、何時まで伸ばせるのか?
 恐らく中国との争いが一段落落したら、今度は日本への対抗策を講じてくることは間違いないだろう。
 そうなると如何に安倍総理が壁となって踏ん張っても持ちこたえることはできまい。

 マァ、そうなることを期待しているのが立憲や国民民、共産等の野党だろうナァ(笑)

 日本の経済がどうなろうと構わない。とにもかくにも「打倒安倍」で安倍政権が倒れればそれで良しの性根の無い国会議員だから・・・・

 サヨク連中にとっては安倍総理の存在は我慢できないらしく、何かにつけて安倍総理の責任にしてしまう。
 1年半以上も「モリ・カケ問題」だと大騒ぎしているのだが犯罪性の欠片も出てこない。
 言っているのは、「忖度」させた安倍が悪いと言うことだけだ・・・・

 いつから日本の国は忖度したら犯罪以上に非難されるようになったのかネェ(笑)・・・
 中国・韓国にはトコトン日本側が忖度しているのにネェ(笑)・・・
 特に立憲や国民民、共産等の野党は日ごろから中韓に忖度して批判したことは無い(笑)・・・

 でもネェ、安倍総理・・・時と場合によっては切れることもあるようだが(笑)
 そして、飄々(ヒョウヒョウ)として攻撃を躱すこともある。

 2016年4月、オバマ大統領が訪日した際、安倍総理が東京銀座の一流寿司店で食事をしたことが有ったのを覚えているだろう。

 会話しながら共に寿司を食べていた時、オバマ大統領が突然あることを言いだしたという。
 それは現大統領トランプが危惧している自動車と同じことなのだが、「ここに来るまでの間、(米国の)GMやフォードの車を全く見ない。日本市場は不公平ではないのか?」と言うのだ。

 その時安倍総理はサラッと言い返したという。

 「でもドイツのBMWやベンツの自動車は沢山走っていますよ」と・・・
 (以上ジャーナリスト・堤堯氏)

 「米国車は車体が大きく、燃費も悪いから日本向きではないから買わないのだ」とは言わないのだ。

 BMWやベンツは日本人向けの車に改良して燃費も考えて発売しているから売れるのだとは言わないし、米国企業は自助努力が足らないからだと直球は投げていないのだ。
 
 オバマ大統領も気付いたのだろう、その後、車のことは持ち出さなかったという。

 おそらく安倍総理はトランプから似たようなことを言われていると思うが、オバマ大統領の時と同じく躱しているのだろうナァ・・・でも何時までもつやら・・・

 

 





 
 

 

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍総理がオバマ前米大統領の直球を交わした逸話 大和男子の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる