国を挙げての高齢者イジメが始まりますか

 警察庁が高齢運転者に実車試験も導入するという。
 マァ、高齢者の事故が多いからという理由だが、特定の違反歴がある者に対して、免許更新時に実車試験を導入するというわけだ。

 高齢者以外の年齢層と比較してもそう極端に多いとは思わないが・・・どうでしょうかネェ・・・

 そうでない人でも信号無視、速度違反等悪質運転をする者もいますがそんな連中も対象にしたらどうですかネェ・・・
 それなら納得もしますが・・・

 警察庁が出した「高齢運転者対策のポイント」は
〇 道交法を改正し、一定の違反をした高齢者に「運転技能検査」を創設
 義務化する
〇 検査に合格しなければ免許の更新不可とする
〇 対象年齢は75歳以上か80歳以上で検討する
〇 安全運転サポート車が条件の限定免許を導入する
〇 対象車種は技術の実用化を見極めて決定する

というものだ。でもネェ、これ高齢運転者以外の悪質違反者にも適用したら如何ですかネェ。

 それにしても高齢者はイジメられていますわナァ・・・
 75歳以上の高齢者が、免許更新時に受ける「認知症」検査も厳しいと思うよ、若い人でも16のイラストを見せられて、他の講習を受けた数分後、いくら覚えているか記入しなさいという検査・・・若い人でも16全て覚えている者がどれだけいますかネェ・・・

 高齢者イジメはそれだけではないですワナァ・・・
 これから75歳に達する者は、医療費負担が2割になるという。
 
 年金は減らされ医療費は値上げ?されますから、治療も遠慮しないといけないですナァ。

 高齢者は自動車の運転も縛られ、免許の返納も積極的にやれとばかり、国を筆頭に周囲の者まで急かしている。

 自転車に乗って買い物に出れば「ふら付いて危ないから自転車に乗るな」と言われ、日が暮れて近くのコンビニに行けば車にはねられて死傷するから出歩くなと言われる。

 ひとり暮らしの年寄りはどうすれば良いのかネェ・・・

 一層の事80歳に達したら国が「姥捨て荘」に収容して、死ぬまで面倒を見る法律でも創れば如何ですかネェ(卑笑)・・・


 

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

シゲル
2019年12月21日 18:27
老いたものは山に捨てる。
つまり、利益を生まない国民は不要って、
はっきり言ったほうが全国民が納得する。
ただし政権やら何もかもが崩壊するけど・・