対韓国輸出見直し このようにして少しずつ韓国ペースへ(蔑笑)

 政府の弱腰部分が出てきたようですナァ(笑)・・・
 これまで「レジスト」を韓国に輸出する際、個別の取引ごとに申請書を提出する必要があったのを、今回の見直しによって、特定の条件を満たした企業に限って、3年分の許可を一括認めるというのだ(笑)

 このようにして少しずつ韓国ペースになっていくんだろうネェ。
 日本の本質である「相手が可哀想」との思いでの見直しなのだろう。

 少し時間は立ったが、韓国人としてはしてやったりという思いだろうヨ。
 24日の日韓首脳会談、大幅譲歩を匂わすような発言をしなければ良いのだが・・・最近の安倍晋三総理は弱気の部分が出ているから分からないよネェ。

 韓国向け輸出管理、経産省「手続きの一部見直し」

12月20日(金)20時41分 TBS

 日本が韓国への輸出管理を強化した3品目のうち、半導体などの材料「レジスト」について、経済産業省は輸出の手続きを一部、見直したと発表しました。

 経産省によりますと、これまで「レジスト」を韓国に輸出する際、個別の取引ごとに申請書を提出する必要がありました。今回の見直しにより、特定の条件を満たした企業に限り、3年分の許可を一括で得ることができるようになったということです。

 今回の見直しについて、経産省は「十分な実績が積み上がったため」だとする一方で、「輸出管理の緩和ではない」と強調しています。

 これを受け、韓国大統領府の関係者は「今回の措置は、日本政府が自発的にとったもので、一部進展とみることもできるが、輸出規制問題の根本的な解決策としては不十分だ」とのコメントを出しました。(20日20:29)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント