文在寅には徴用工問題、解決の意思が無いことが明らかに

 24日中国四川省で行われた日韓首脳会談、日本側にとっては首脳会談をやったということしかメリットが無かったわけだ。
 韓国では、安倍総理との会談が漸く実現したと喜んでいるようですが・・・

 安倍総理は一貫して「国と国との約束は守ってほしい」と訴えたのだが、文在寅は依然として韓国最高裁の判決を尊重するとの立場だと伝えられている。

 となると、ひょっとして来年2月には、日本企業の差し押さえた資産を売却する可能性が出てきましたナァ(笑)・・・
 と言うことは、麻生財務大臣が言っていた日本側の対応「金融面での対応策」が濃厚と言うことになりますわナァ・・・
 すると日本に抱っこにおんぶしている韓国経済は崩壊するでしょうネェ(笑)
 マァ、それも自業自得だから・・・恨むなら文在寅を恨んでくださいナ(笑)

 でも、彼の国では逆恨みで反日が益々激しくなりますナァ・・・そして国交断絶ですか(笑)
 良いことですナァ・・・是非そうなるよう頑張って貰いたいものです(喜)

 「徴用工判決 関与できず」
 文大統領、安倍首相に伝える
2019年12/26付・産経新聞

 【成都・桜井紀雄】韓国の文在寅大統領は24日に中国四川省成都で行われた安倍晋三首相との会談で、韓国最高裁が日本企業に賠償を命じたいわゆる徴用工判決について「韓国政府は判決に関与できない」との立場を伝えていたことが、25日分かった。韓国大統領府関係者が明らかにした。
 安倍首相は会談で、判決が日韓関係悪化の「根本原因」だと指摘し、1965年の日韓請求権協定に違反する状態の是正を促した。文氏は「解決を急ぐべきだ」と強調し、「解決方法を見つけるために知恵を集めていきたい」と応じたという。一方で、政府は積極介入はしないとする従来の立場を繰り返したことで、問題解決とはほど遠い現状が改めて浮き彫りになった。
 韓国国会議長が国会に提出した日韓の企業や国民から寄付を募って基金をつくり、元徴用工らに支給する法案については会談では触れられなかったという。

 小生の推測では、来年2月頃になると、日本企業資産の差し押さえ売却は先延ばしにすると見るネェ・・・
 と言うことは、大統領権限で先延ばしできると言うことになるわけだヨ
 やろうと思えばできるのにそれをやらないとなると、おそらく文在寅の考えは、このようにして先延ばししておけば日本側の圧力が弱まると考えているというわけだ(笑)
 否、安倍総理が辞めるのを待っていると言った方が良いようだネェ・・・

 ポスト安倍総理の後釜に座った者は、誰が総理になろうと韓国に忖度するだろうナァ(笑)

 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント