ゴーン被告の国外逃亡 闇組織が動いている?

  ゴーン被告が国外逃亡したことでメディアが様々な情報を報道している。
 その中で、テレ朝がビックリするような情報を流したのだ。
 それは、トルコの検察が、ゴーン被告がレバノンに向かう途中、トルコの空港を経由したことに関与したとしてパイロットら5人を起訴したという情報だ。

 パイロット達は、「仕事を引き受けなければ家族に被害が及ぶ」と供述しているというから完全に闇組織が動いていたと考えられる。
 マァ、逃亡に関してのその手口は巧妙そのもので、素人では絶対できないと思う。ということは手慣れた闇組織が動いていたものと思慮される。
 日本脱出もこの闇組織が動いたのであろう!

 世の中、こういう仕事を引き受ける組織があるということだろうネェ・・・

「引き受けないと家族に被害」航空会社幹部を脅迫か

2020年1月4日 15時0分 テレ朝news

ゴーン1.jpg
 カルロス・ゴーン被告の出国に関与したとしてトルコの検察に起訴された航空会社の幹部の男が「仕事を引き受けなければ家族に被害が及ぶ」と脅されていたと地元メディアが伝えました。

 トルコの検察は3日、ゴーン被告がレバノンに向かう途中、トルコの空港を経由したことに関与したとしてパイロットら5人を起訴しました。このうち航空会社の幹部の男がベイルートの知人から電話で「国際的に重要な任務がある」と説明され、「引き受けなければ家族に被害が及ぶだろうと脅された」と供述したとトルコのメディアが報じています。また、男は空港に現れたのが「ゴーン被告だとは知らなかった」とも話しているということです。トルコの検察はゴーン被告が搭乗した2機の飛行機の押収に乗り出すなどして調べを進めています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント