日韓議連の河村健夫をぶっ潰せ!!

 自民党の河村健夫元日韓議連幹事長がクソ腹の立つことを言っている。
 韓国文喜相が提案した元徴用工賠償に関する法案が成立したら日本企業は寄付金を出すだろうと言うのだ。
 このバカ何を言ってるのだ!
 こんなことを言うと韓国にうまい具合に利用されるだけだろうが!

 この法案が成立し、河村が言うように日本企業が寄付したとしたら、また新たな難癖をつけて日本側から金を毟り取ることになるのがなぜわからない。
 このまま韓国が収まることは絶対にない! これは命を懸けてでも断言できる。

 これで韓国が収まるなら小生の命はくれてやるヨ!

 こんな売国奴的発言をするような奴は落選させなければならない!
 山口県3区の有権者はしっかりしろよ!

徴用工寄付に日本側も出資の見方 自民・河村氏、韓国議長案成立で

共同通信社 2020/01/17 10:30

弘中弁護士、ゴーン被告の弁護人辞任

米左派「盟友」対立でさらなる波乱か
 【ソウル共同】日韓議員連盟の幹事長を務める自民党の河村建夫元官房長官は17日までに韓国紙、朝鮮日報の取材に応じ、日韓で募った寄付金を元徴用工らに支給する韓国国会の文喜相議長の法案に関し、成立すれば日本の企業や国民らも出資するとの見方を示した。
 河村氏は「両国間の貿易で利益を得ていた企業が多く、そうした企業は(寄付金を)出すだろう」と語った。韓国に展開する日本の衣料品店を例示、これらの企業は日韓関係の早期改善を望むだろうとも述べた。
 ただ、河村氏は韓国最高裁が元徴用工らへの賠償を命じた日本企業による出資は難しいとの認識を示した。


Takeo_Kawamura.jpg

ゴーン被告の弁護士に懲戒請求 当然だと思うヨ

 世界の主要各国が日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)のレバノン逃亡劇を報道している。
 そして、ゴーン被告は安全なレバノンから「日本国はひどい司法制度のある時代遅れの国だ」と言いたい放題だ。

 自分の安全が確保されていると思っているからネェ(笑)・・・
 だから、「密出国」という犯罪を行っておいて、それを隠蔽するがごとく日本を悪者にしているわけだ。

 それを手助け?したのがゴーン被告の弁護士だった弘中惇一郎弁護士等だというわけだ。
 「故意か重過失により出国させた」として東京弁護士会に懲戒請求が出されていたことが16日、関係者への取材で分かったという。

 それはそうだよネェ、保釈してもらうためにゴーン被告が居住する家に監視カメラを取り付け「常時監視するため」設置します」「PCは弁護士事務所での使用にします」等と理屈を並べて裁判所から保釈を勝ち取った。

 しかし、この弘中弁護士は地検のPC差し押さえを拒絶して捜査を妨害した・・・拒絶は弁護士法で認められているといってもこれは拙いわナァ・・・
 監視している筈の監視カメラ、監視していたわけではないんだ(笑)
 つまり、保釈させるためだけの詭弁だったということですわナァ・・・責任は十分あると思いますが、弘中弁護士はゴーン被告の弁護をやめると言って闇の中に隠れようとしているのだ(笑)
 
 この無責任なやり口に起こった関係者が「懲戒請求」をしたというわけですナ・・・
 
弘中弁護士に懲戒請求 ゴーン被告逃亡「故意か重過失」
2020.1.17・産経新聞

 レバノンに逃亡した日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)の弁護人、弘中惇一郎弁護士に対し「故意か重過失により出国させた」として東京弁護士会に懲戒請求が出されていたことが16日、関係者への取材で分かった。
 関係者によると、懲戒請求書では弘中氏について「保釈中のゴーン被告を故意か重過失により出国させてしまったことは、保釈条件違反であり、その管理監督義務を懈怠(けたい)する行為」と指摘。保釈は弘中氏らが逃亡させないことなどを条件に裁判所が許可したものであるとし、「結果的に逃亡を許してしまい、国民の司法に対する信用失墜および刑事司法の根幹を揺るがしかねない事態を招いたことは重大な非行に該当する」としている。
 逃亡発覚後の弘中氏の対応について「話すことはないという態度も無責任極まりなく当事者意識の欠如と言える」と非難。弘中氏らが逃亡に関与した疑いもあるとして同弁護士会に調査を求めた。弘中氏は逃亡が発覚した当初、「保釈条件に違反する許されない行為だが、気持ちが理解できないかと言えばそれは別問題だ」などと話していた。
 懲戒請求について弘中氏の事務所は産経新聞の取材に対し「コメントすることはない」としている。
 弁護士に違法行為や品位に反する行為があった場合、誰でも所属する弁護士会に懲戒を請求できる。綱紀委員会で調査した上で懲戒委員会が処分を決定。重い順に、除名▽退会命令▽業務停止▽戒告-がある。
 弘中氏は過去に東京地検特捜部などが手がけた著名事件などで弁護人を務め、「無罪請負人」の異名を持つことで知られる。