日本製の「アビガン」韓国が触手? 日本製品不買なのに 良いんですかネェ(笑)

 「新型コロナウイルス」激増の韓国。
 慌てふためいている様子が刻々と伝わってきている。
 そして日本では加藤厚労大臣が「新型インフルエンザの治療薬『アビガン』の効果が「コロナウイルス」にあるかについて調べている。効果があれば近日中に全国の医療機関で実効していきたい」とのべた。

 このことが韓国でも報道されると「日本から買うことができるのか?」と不安がっているというのだ?
 あれっ、韓国では「日本製品不買運動」をやっているんではないの?  日本から製品を買っても良いのですかネェ・・・
 でも米国では韓国人の会社で「コロナウイルス」の特効薬を発明したと言っているのだから、出来上がるのを待って使用すれば良いと思うのだが・・・ダメなんですかネェ。

 読売新聞によると

 日本で「コロナ治療薬としてアビガンを使用」どんな薬なのか

日本政府がコロナ19(COVID-19)患者に投与することにした「アビガン(Favipiravir)」に注目が集まっている。

22日、日本のメディア読売新聞によると、最近日本の安倍晋三首相は加藤勝信厚生労働相(保健福祉部長官に該当)に「コロナ19拡散防止のためにアビガンを活用せよ」という趣旨の指示をした。加藤厚生労働相は、製薬会社にアビガン増産を要求する計画で分かった。

アビガンは、日本のカメラ専門会社「富士フイルム」の子会社「富士フイルム富山化学」が開発した新型インフルエンザの治療薬だ。エボラ出血熱や新型インフルエンザなどのウイルスに効果的な治療薬として知られているが、先天性障害を誘発したり、毒性の危険性などの副作用がひどく、日本当局はいくつかの感染症にのみ使用を承認している。

日本政府関係者は、「コロナ19の患者にアビガンを試験投薬すると、症状悪化と無症状感染者の発病を抑制するのにかなりの効果があることを確認した」とし「中国ではすでにアビガンを確定者に投与して、効果を確認している」と述べた。

日本の南西部に位置する神奈川県は、「多数のコロナ19感染者が発生したのでアビガン投与を公式許可してほしい」という要望書を政府に提出したりした。これにより、加藤厚生労働相は観察研究用として試験的に適用した後、倫理委員会の手続きと患者の同意などを取りまとめる計画だという。

現在、日本政府は、2013年に「新型インフルエンザ等に関する対策のガイドライン」に基づいて200万人分のアビガンを備蓄している。日本政府は、早ければ25日にアビガンの使用推奨などの内容が盛り込まれた'コロナ19対処方針'を公表する予定だ。


20200223-06s.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント