国会「コロナ」の質問だが相も変わらず政府の粗さがしの野党(蔑笑)

 国会で漸く「新型コロナウイルス」の質疑をやりだした野党。
 でもネェ、その質問ちょいと疑問がありますナァ・・・
 質問する連中のなかで建設的な質問をする者がいないのだ。すべてが政府(安倍)批判なのだ。 
 現在、日本は「コロナ」の拡大が憂慮されている事態で、この問題は分秒を争う事態だと思うのだが・・・

 すでに安倍総理が独断で小・中・高・特別支援校の臨時休校を決めた。
 すでにスタートさせているのだ。

 安倍総理は「専門家によると、ここ1.2週間が分かれ目だといっているから判断に時間をかけているいとまがない」と答えている。
 そうだと思う。この判断を誤れば急速拡大する虞は多分にあるのだ。

 世間ではよく言う言葉がある「事(ここではコロナ対策)をなすとき大きく構えて小さく治めることが大事だ」と・・・
 野党の中でも我が物顔でうそぶく奴もいるが、昨日の国会での質問は逆で、全て批判が先に出ている。

 誰一人として防止策には○○のような対応があると思うが実行に移す気持ちはあるのかと言った質問はしない。
 ただひたすら批判だけだ・・・これではネェ。

 福山哲郎「文科省の混乱はすさまじいと聞いている。どうして政府の専門家会議で学校の一斉休業について意見聴取しなかったのか」と問う。
 意見を聞いても必ず反対する者はいるのだから時間が経つだけだ。だから安倍総理は独断で先にこれ決定したのだ。

 すると世間は、学校を臨時休校にさせる理由が見えないというのだ(笑)
 子供は感染しても症状が出ないものが多いという。その子供から高齢者にうつすことは十分考えられるのだ。
 家庭内感染も予想できるが、一旦学校内で感染となると想像を絶する速さで感染が拡大する虞は十分あるわけだ。
 しかし、これも批判する。
 「児童以上の感染者は何人いるのか? 少ないでしょう。それなのに何故学校を臨時休校させるのか?」という。
 でもねぇ、感染の経路はいろんなパターンがあるのだから・・・一概に決めつけるわけにはいかないと思うヨ・・・

 保護者が外で感染して自宅に帰って子供の児童・生徒に感染させ、自覚症状がない時に学校に行って他児童に感染させるパターンもあるだろう・・・
 学校で感染して帰宅して保護者に移すこともあるだろう。
 だからできるところから実施したということではないのかナァ・・・

 安倍総理も万全策とは思っていないはずだ。でもトップとして決断しなければならないとの判断で臨時休校に踏み切ったと思いたい。
 その決断、批判されても実行に移す。それが国のトップだと思うネェ・・・

 まだバカげた質問をした奴がいる。
 文科省と厚労省は27日の何時に知ったのか! 午前か午後か」と問うのだ。
 総理は独断でやったと言っているのに・・・説明がなかったことを糺したいのだろうが・・・それがどうしたと言いたいネェ
 そして場当たり的だと批判する。
 それは確かにそうだ。しかし、不備なところは与野党を問わず感染防止策の良い方向にもっていこうと何故しない!  
 
 蓮舫なんぞつい先日まで「前夜祭がー」と言っていたのが、今頃になって「対策本部」設置のことを持ち出して質問している。
 政府が対策本部設置したのは1月30日のことだ。その時、蓮舫は「前夜祭がー」とやっていただろうが!
 何をいまさらと言いたいネェ・・・
 そして言うことが阿呆みたいな「政府のコロナ対策は後手後手だ」と怒った表情で言うのだ・・・バカかこいつは。
 そう思うなら、「前夜祭がー」と言わずに「コロナ対策はー」と質問しろよ!

 何はともあれ、緊急を要する事態であることは間違いないのだから、野党は「このような対策はどうだろうか」と言った防止策とか、政府が取り組むことに賛同するならそのための予算計上には賛成すればいいし、手直しする必要があるなら改善を求めて予算をつければ良いわけだ。
 法律を創って実行に移す必要があれば早急に法律を制定すれば良い。
 国家国民の危機に関する状況なのに、そんなことは関係ないとばかり、政府(安倍総理)のやることを一から十まで批判する。

 何が国会議員だろうに・・・ただの騒がせ野郎だ。
 
 野党のやっていることは、緊急性の欠片も見当たらないと言った印象で、相も変わらず政府(安倍)のやることに反対だけの感じだ(笑)

 

麻生副総理が「コロナ」対応の日本批判に反論 支持するネ

 失言の多い麻生太郎副総理兼財務大臣だが今回の発言は「よく言った」と支持したいネ(笑)

 今回の「新型コロナウイルス」でクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」が横浜に寄港し、日本が対応したことに他国が非難したことに反論した形だからだ。

 日本は拒否しても良かったのだろうが人道的な面から受け入れた。
 検査は優先してクルーズ船の客や乗員に当てた関係で、日本国内の検査が手薄になった感は否めないだろう。
 しかし米国、豪州、欧州などのメディアは日本を袋叩きに叩いたわけだ。
 つまり、密閉された部屋に閉じ込めたから感染者が増えたという論調なのだから・・・
 米国と協議して隔離しているのにネェ・・・

 現在は自分たちの国も発生数が増加したため日本批判をしなくなったが、それに麻生大臣が癪に触ったんだろうナァ・・・
 日本もたまにはこの程度のこと、良いんではないの(笑)

 麻生太郎氏、新型コロナで中国・英国をバッサリ! 「船籍は英国だが何一つ発言しない…割を食っているのは日本じゃねえか」歯に衣着せぬ“麻生節”炸裂

2020年3月2日 17時16分 ZAKZAK(夕刊フジ)
 中国発の新型コロナウイルスをめぐり、麻生太郎副総理兼財務相が核心を突くような「麻生節」を炸裂(さくれつ)させて注目されている。中国当局の情報発信に疑問を投げかけ、集団感染が発生したクルーズ船の船籍がある英国にも怒りを込めた。ネット上では拍手喝采が送られている。
 「あの国の言っている数字はよく分からない。どれくらいコントロールできているのか、分からないのが正直なところだ」「(中国代表は)当然、『大丈夫』と言うが、そのまま信用するほど皆、人は良くない」

 麻生氏は23日、サウジアラビアの首都リヤドで開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議後の記者会見で、こう語った。
 中国当局が公表する感染者や死者の数とともに、ウイルスの感染拡大阻止に向けた取り組みについて、疑義を投げかけたのだ。
 帰国後、25日の衆院財務金融委員会では、横浜港に停泊する大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に言及した。
 前出のG20について質問された流れで、「この船の船籍は英国、船長も英国人(=本当はイタリア人)だが、英国は何一つ、発言しません。『もともと責任はお前らじゃないの』って、皆、お腹ん中では言っているが、オフィシャルでは言わないのがこの世界の常識なのかねと思いながら、日本は対応に追われている。割を食っているのは日本じゃねえか」と、べらんめえ調で答弁したのだ。
 日本は犠牲的精神で、乗員乗客約3700人という船を受け入れたのに、世界各国から批判が寄せられたことに、我慢ならなかったようだ。
 麻生氏といえば、毒舌や失言で知られるが、今回の発言には、ネット上でも、《その通り! 公の場でよく言ってくれた、麻生さん!》《麻生閣下! 国民の声を分かっておられます》などと、好意的な反応が数多く見られた。
 ジャーナリストで作家の門田隆将氏は「麻生氏は、平和ボケした風潮に同調しない、歯に衣(きぬ)着せぬ発言に人気がある。今回の中国や英国への発言も良かった。中国は官製メディアが、ウイルスを世界にバラまいた責任を小さくしようとする報道をしている。麻生氏が国際会議などで発信することは、日本や世界のために意義がある」と語っている。