ミサイル迎撃100%撃ち落とすのは不可能だと思いますナァ・・・

 北朝鮮が韓国との間で不穏な動きをしている。
 北朝鮮の事情に詳しいジャーナリスト達は、最近平壌市民の食糧まで影響が及び困窮しているらしいと解説する。
 板門店での会談、文在寅と金正恩との間で、どうも経済支援の話があったらしいのだが、文在寅が実行しようとしないから脱北者のビラ配布を口実として南北連絡事務所を爆破したともいう。

 それほどまでに追い込まれているとすれば、北朝鮮の判断が間違うということも十分考えられる。
 となるとどんなことが起きうるか?

 まず考えられるのは北朝鮮が韓国領内に軍隊を侵入させることなのだろうが、さすがにここまではやらないと考えられる。
 これをやると北朝鮮にとっては経済的援助をしてくれるのは韓国以外無いのだから、こんなことをすると韓国は貝がカッチリと蓋を閉じてしまうように支援してくれなくなる。
 だから脅しの段階で抑えるだろう。

 北朝鮮の狙いは米国だ。
 米国をどうしても話し合いのテーブルに着かせたいのだ。そのためには何をするか? と言えばミサイルを太平洋に落とすということだ。
 つまり米国に対する脅しだ。

 となると、ミサイルは日本上空を飛ぶことになる。日本は迎撃するためにイージス艦を保持し、日本海で遊弋させているもののどの程度役に立つかは不透明だ。もしミサイル飛来となったとき迎撃100%なんてありえないと思う。

 地上イージス設置したとして撃墜できたとしても、絶対にブースタ等の破片が日本国内に落下して来ないとは保証できないのは素人目でも明らかだろう。

 その地上イージス設置については河野大臣が「停止」すると発表したが妥当だと思うよ・・・地元も反対していることだし・・・

 でもネェ、撃墜したとして破片の落下はやむを得ないと思うが、反対している者は「地上イージス」を設置する自衛隊駐屯地以外に破片が落ちるから反対だという。 
 しかし、ミサイルが飛来してきて日本のどこかに落下するとは考えないのだろうかネェ・・・
 マァ、日本の防衛は全て受け身なのだから、多少の被害は覚悟しておいても良いのではないのかナァとは思いますがダメなんだ・・・
 ミサイル本体の落下の方が怖いと思いますがネェ・・・それは言わないんだ(笑)

 こんな世迷言が日本ではまかり通るのだから平和ですわナァ(笑)

 他国からは攻めてこない。ミサイルは日本には落ちてこない。領土(尖閣、竹島等)を奪われることは無いとでも思ってんだろうナァ・・・
 そのうち沖縄本島も我が領土だといって中国艦艇が周辺を日常的に航行するようになるさ(笑)

 でも攻めては来ませんわナァ(笑)・・・

 それも、これも全て押し付けの憲法があるからなのだが、日本国民がそれて良いと思っているのだから良いのではないの(笑)
 近いうちに尖閣諸島に建物が建って中国軍が駐屯し、港も出来て艦艇が駐留するようになるでしょうネェ・・・

 その後は? 決まっているさターゲットは沖縄ですヨ・・・半世紀を掛けてでも中国は仕掛けてくるでしょうネェ。

 

 

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント